日本の常識とズレる

日本の常識とズレる プリスクールは小学校入学前の時期に英語を学習するスクールで、幼稚園、保育園に分類され、スクールではすべて英語を使って生活することで、自然に英語を学ぶことができます。幼い頃から英語に触れることができるメリットがありますがデメリットもあり、その一つに日本の常識にズレていることがあります。通常の保育園ではまだ喋れない0歳路の頃から日本語を話す環境で生活し言葉を学んで行きますが、プリスクールでは英語での生活にいきなり触れることで、日本語に適応することが遅れる不安があります。

スクールでの生活も日本の一般の学校とは異なることで、小学校に入った時に戸惑いを感じる子供もいます。またプリスクールは一般の保育園とは異なるので、自治体での認可が下りないため認可外になり、認可施設よりも保育料が高く保育の質の低下の不安があるが、幼い頃から英語に自然に感じるメリットは大きく、将来グローバルに活躍できる人材の基礎を学ぶことができます。

プリスクールの最大のデメリットは慣習を学ぶ機会を奪うこと

プリスクールの最大のデメリットは慣習を学ぶ機会を奪うこと 子供の頃から英語に触れることで、英語を聞くことに抵抗がなくなったり、幼いうちから単語やセンテンスを覚えることで苦労せずに英語が習得できるというメリットから、プリスクールに入学させたいと考える親御さんが増えています。

確かに英語を早く、そして確実に習得できるのは大きなメリットですが、デメリットがないわけではありません。それは、小さなうちから英語の環境や文化になじませることは、母国である日本の慣習を学ぶ機会がそれだけ失われるという点です。

慣習は文化に根差していることが多いため、英語を学ぶプリスクールでは必然的に海外の文化を背景に言語を学ぶことになります。一方、日本語での保育を行う場合には季節の行事を行うことによって日本独特の行事の名前や、なぜ行うのかといったことを学べるのです。

七夕には笹飾りを作って帰ってきたりといったことが、ハロウィンのかぼちゃのランタン作りになるとなれば、日本の文化への理解がおろそかになるデメリットは明らかですので、慎重に検討しなければなりません。

新着情報

◎2023/12/15

情報を更新しました。
>プリスクールの一般的な時間割を説明します
>プリスクールは明るい環境の中で子供を学ばせることができる
>プリスクールの海外事情について簡単に解説
>英語力を磨き豊かな感性を育むプリスクール
>時間がない生徒のためのプリスクールのオンライン授業

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>プリスクールでトラブルがあるのは内容に相違があるからです
>英語に抵抗感のない年齢のうちにプリスクール
>プリスクールを途中退学する理由があります
>プリスクールに通う男の子も英語に親しむようになる
>プリスクールの受験の内容についてどうだろうか

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>プリスクールで子供の段階から英語力を身に着ける
>プリスクールの先生はネイティブが多いので安心
>共働きでもプリスクールに通う事が出来ます
>小学校に入学する前にプリスクールで学ぶメリット
>プリスクールで英語力を高めていくメリット

◎2020/8/26

日本のプリスクール事情
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

自然に言語を習得できる可能性
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

日本語も学べる
の情報を更新しました。

◎2020/2/18

日本の常識とズレる
の情報を更新しました。

◎2019/12/24

プリスクールのデメリット
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「スクール 常識」
に関連するツイート
Twitter

今日は絶対そこには進学しないだろと思いつつ、留学エージェントの担当さんに進められたので インターナショナルスクールの見学行く もう既に平日午前中に学校見学と説明会ある時点で日本の常識の世界ではないんだろうなぁ

返信先:そこからの朝鮮スクールじゃないですか? 顔立ちから分かりやすい「外国人」を表看板にしてません? 非常識な東アジア人の影が薄れましたね。 彼らはちっとも常識を身につけたわけではないのに。

デジタル化、サイバー化には創価学会が絡んでることを常識にすべき。 そうすればマイナンバーやGIGAスクール構想、スマートシティなどに歯止めを掛けられる。

返信先:(いじめや適応障害などで)不登校を続ける子どもにはフリースクールなど学習の場を見つければいいと思います 決して、どこかの某少年革命家のように不登校を続けて学力も一般常識も知らない人間を作らないためにも

返信先:常識の範疇とスクールマジシャンガールすき!